- ワンクリックアンケート -

現在お車の買い替えをお考えですか?

トヨタ・新型スープラが世界初披露!価格・機能・特徴を解説します

63view

2019.01.15

新型スープラ・世界初披露

2019年1月14日、トヨタ自動車は新型『スープラ』を世界初披露しました。
デトロイトモーターショー2019にて発表され、実に17年ぶりの復活となりました。

もちろん日本でも発売されます!

気になる価格は?

2019年春頃の発売を予定しているようですが、現時点では日本での価格はまだ未定です。

米国ではベースグレードが「4万9990ドル(540万円)」と発表されています。
なお、米国でのスープラはベースグレードの「3.0」と上級グレードの「3.0プレミアム」が設定されています。

「86」よりも短く、低重心

ホイールベースは「86」よりも「100mm」短い「2470mm」となっています。
ホイールベース/トレッド比は量産のスポーツカーとしてはトップレベルの「1.55」

水平対向エンジンを搭載した86よりも「さらに低い重心高を実現」しており、前後重量のバランスも理想とされる「50:50」の配分となっています。

卓越したハンドリングや安定したコーナリング姿勢を実現

  • ホイールベース
  • トレッド
  • 重心高

以上の3つの要素を最重要ファクターとし、スポーツカーとしての理想を追求しました。

トヨタスポーツカーの伝統を継承

新型スープラのデザインコンセプトは

「Condensed(凝縮された) Extreme(過激な) L6 FR “TOYOTA” Sports」

エクステリア

  • ショートホイールベースと大径タイヤによる、タイヤを強調するサイドビューパッケージ
  • 2シーターとキャビン・ワイドトレッドからなるスーパーワイドスタンス
  • 直6・FRモデルのロングノーズショートキャビンシルエット

さらに、空気抵抗低減に貢献するダブルバブルルーフなど、「トヨタ2000GT」にも採用されていた、トヨタスポーツカーの伝統を継承しています。

インテリア

  • 幅広いコンソールによる、典型的なFRスポーツカー空間
  • 大型フルカラーヘッドアップディスプレイによる、新世代コクピットレイアウト
  • GRシリーズ初の「グローバルモデル」



直6・3ℓターボ・直4・2ℓターボを設定

パワーユニットには、スープラの伝統を継承する直6・3リットルターボを搭載。
さらに、スポーティドライブを気軽に楽しむ「直4・2リットルターボ」を搭載。

最高出力は「340ps」の直6・3リットルツインスクロールターボエンジン。
最大トルクは「500Nm/1600rpm」で、アクセル操作に応じて思い通りの加速が味わえます。

直4・2リットルターボには、チューニングの異なる2つのツインスクロールターボエンジンが設定されています。
最高出力「258ps」で軽快なスポーツ走行を楽しめるエンジンと、最高出力「197ps」で爽快なドライビングを楽しめるようになっています。

レクサスLFAを上回るボディ剛性

サスペンションには、新設計された

  • フロント=ダブルジョイントスプリングストラット式
  • リヤ=マルチリンク式

※一部グレードには「アダプティブバリアブルサスペンションシステム」を搭載しています。

さらに、86の「約2.5倍となる炭素繊維強化プラスチック(CFRP)キャビンを採用した、あのレクサス「LFA」を上回るボディ剛性となっています。

チーフエンジニアの言葉

最後に、チーフエンジニアの多田哲哉氏の言葉です。

「走る楽しさを極めたピュアスポーツカーを追求しました。馬力やサーキットのラップタイムのような数値だけを追い求めるのではなく、いかにドライバーが車両と一体となって運転する楽しさを感じられるか、という感性性能を重視しています」

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!